ベネズエラでの闇両替

コメント(2)

世界一周の費用 ベネズエラ編 の補足で闇両替についてまとめてみます。

 

ベネズエラでまずすること、それは闇両替。国で決められた公定レートに対し、闇レートはその2~3倍ほど。つまり、ベネズエラ国内での消費が2~3 分の1に抑えられることになります。実際の物価もこの闇レート換算で考えるとしっくりくるものが多いため、公定レートで両替して旅をしようものならとんで もない額のお金がとんでいくことになります。これは大変。

で、その闇両替っていったいどこでできるのという話ですが、これがけっこう簡単。国境や街中、バスターミナル、空港など、他の国と同様に一般的に両 替商が出没するようなところに行けばだいたい見つける(と言うよりも逆に相手に見つけられる感じです)ことができます。私が見聞きしたものではこんなとこ ろがありました。


○ カルタヘナ(コロンビア)のカンビオ
△ マイカオ(コロンビア)のバスターミナル内
◎ マラカイボのバスターミナル
○ カラカスの国会議事堂近辺の貴金属店(偽札のすり替えや強盗なども多いので要注意)
△ カラカスの国際空港

◎ シウダーボリーバルの旅行代理店(人からの情報なので未確認)

 

頭の記号は両替レートの評価です。ギアナ高地へのツアーの拠点であるシウダーボリーバルは観光客が多いこともあってか闇両替商も多く、またそのレートもかなり良いもののなっているようです。

私が実際に行って確認したところでは、マラカイボのバスターミナルにいた両替商の提示するレートが最もお得でした。意外だったのはコロンビアのカル タヘナのカンビオ。ベネズエラ国内と比べても悪くないどころか若干良かったような気さえします(レートは常に変動するためどうしても表現が曖昧になってし まいます)。

個人的にあまりおすすめしたくないのはカラカスの国会議事堂近辺。ここは貴金属店の集中地帯で通りに出て客引きをしている怪しげな人たちが、


「オーロ(スペイン語で金goldの意味)、オーロ、オーロ、ユーロ、オーロ!」

 

と、なんとも微妙な手口で警察の目を避けながら声をかけてきます。交渉次第でレートはよくなるのですが、ここは詐欺や犯罪に巻き込まれる可能性が非常に高く、また一般人以上に腐っていると評判の警察もこのあたりには多いので、お金を持って歩いているだけでけっこうなリスクがともなうことになってしまいます。両替もこそこそと建物の小部屋でするのですが、逃げ場所もないために悪意のある人間多数に囲まれたら完全にアウトです。(闇両替なので警察を呼ぶわけにもいきません)

詐欺は偽札(100ドル札)との差し替えが多そうです。ありえないほどの高レートを謳っている人間はまず間違いなくこれ目的と考えてよいと思います。

 

空港でも闇両替商はうろうろしていますが、レートは若干低めでした。

 

 

さてそのレートなのですが、いくら良い悪いと言っても実際どの程度であればよいのかわからないと思います。ネットで情報収集していてもその当時のレートはわかるものの、タイムリーな情報がうまいこと見つかるとも限りません。そこでつかうのがこれです。

http://bonosvenezuela.blogspot.com/

現地の両替商は、つねにこうしたWEBサイトをチェックしてそのときの両替レートを設定しているそうです。一般的にはUS$1=BsF6であれば文句なし、といったようなことが言われていますが、彼らにも競争があるため利幅はかなり小さくしているので、こうしたサイトで表示されるそのときのレートからBsF0.0~0.3ほどを手数料として引いたレートを目標に交渉するとよいかと思います。

高レートのときには為替の下降変化の可能性の方が高いため手数料も高め、逆に低いときには手数料はかなり低く抑えられる(0もあり得ます)ようです。そのへんも考えにいれておくと、交渉もスムーズにいくような気がします。

 

最後に、余ったボリーバルですが、彼ら両替商に利益が出るレートであれば承諾してくれますので(私はそれでUS$を買いました)、無理して使い切らずにそうした両替商を探すのも手です。

 

ランキングに参加中!
あれ?ブログも終わりじゃなかったの??と思ったら大間違い!
旅の終りまで更新しますよ!!!これからもクリックをお願いします!
← クリックは
一日一回までしかカウントされないよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 


カテゴリ:

コメント(2)

闇両替ってやったことないな~。
公のとこよりレートがいいって意外。逆に悪いと思ってた。
やっぱなんだかんだ言って米ドル、外貨全般欲しがってる証拠?
でも記事に書いてあるとおり、偽札とかすり替えとかコワイ!!無理~!!
100㌦札にハンコ押してあったり名前書いてあるのには納得だね。

国境に両替所がないことも多いから、俺は多少悪かったとしても両替商がいたらやっちゃうことが多いよ。

米ドルはものすごく重宝されていたよ。
出回ってるドルが増えるとレートも下がっちゃんだよね。

偽札はいやだよね。
俺は絶対に気づかない気がするよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析