【Q&A回答 3】日本人に良い印象を持っていない国は?

コメント(2)

================================== 
■ 性別
女性

■ 年代
10代

■ 件名
はじめまして

■ 本文
最近旅行に興味をもって、
行きたいところがたくさんあったので
世界一周旅行に将来行ってみたいなと思い
このサイトを見つけ、
受験勉強の息抜きなどに
訪問させていただいてます ^^

質問なんですが
日本人をあまり良いように思わない国ってありましたか?

==================================

良い質問をどうもありがとうございます!
旅行というのは現地の社会や生活に深く入り込めるようなものではないので、関わった人たちの胸の内というのはなかなかわからないんですよね。特にこうした負の感情というのは通常は表には出さないものですから、いろんな国の人と話をしましたが、ストレートに不快感を示してくる人には出会いませんでした。

反日感情が強そうなイメージを持っていた中国でも、訪れたのが雲南省などの南部の地方(北部に比べ反日感情が少ないと言われている)であったこともあってか、おもむろに嫌な顔をされたことはありませんでした。それどころか、日本人旅行者が珍しかったのか、英語も日本語も話せないのに声をかけてきて、一生懸命「漢字」でコミュニケーションを取ろうとするフレンドリーな中国人とたくさん出会いました。若い人だけでなく、40~50代の方からも声をかけられました。お姉さんが食堂で食べ物をサービスしてくれたり、おばちゃんが列車でご飯を分けてくれたりと、男性だけでなく女性も感じが良かったです。こうしたフレンドリーさは大きな驚きで、ほんの一部の表面的な部分しか見てはいないとわかっていながらも、中国に対するイメージはとても良い方向に大きく変わりました。

そんな良い印象で終えた中国には申し訳ないのですが、ヨーロッパ、中東、南米、アフリカなどどこの地域でも「日本人を中国人と間違えて」嘲笑するような言葉をかけられるということは頻繁にありました。華僑が中国人コミュニティをつくり自分たちのスタイルを貫き通すことや、移住している国にあまりお金を落とさず中国に送金してしまうことなどが原因だろうという話は聞きますが、理由がそれだけなのかはわかりません。

 

さて、また日本人に話を戻しますが、「嫌い」とまでいかなくとも、「なんで日本人は〇〇なの?」と少し呆れたような様子で尋ねられた経験は何度かありました。ぱっと思い出せることではこんなものがあります。

 

1.なぜ原子爆弾を落とされたにも関わらず反米感情がないんだ?

ヨーロッパ、中東で何度か似たようなことを聞かれた(というか責められたと表現したほうが正確かも)がありました。「原爆のことは絶対に忘れるなよ!」と、セルビア人に熱く語られたこともあります。そんなに昔のことでもないのに、すぐに忘れてしまう日本人の感覚が理解出来ないという人は多そうです。これは納得できます。

 

2.なぜアメリカの味方をするんだ?

これはパレスチナや中東(北アフリカも含む)で「なぜ俺達を助けてくれないんだ」といったニュアンスで聞かれました。アラブ諸国の人々は、イスラエルの肩を持つアメリカをイスラエルと同様に敵視している人が多いです。日本はアメリカの言うことを何でも聞くので、その一味と見られることも少なくないようです。

 

3.日本人は何を考えているのかわからない。コミュニケーションをとろうとしない。

これは他国のバックパッカーからよく聞きました。本音で話をしないことに加え、英語力が低く会話を避ける旅行者が多いためにこう見られてしまうことが多いのだと思います。日本人は日本人同士でグループをつくる(韓国人もまとまる傾向がある)ことが多いのですが、上記の理由から外国人を避けるために、そのグループにも外国人を入れようとはしません。こういうところからも、排他的なイメージを持たれています。

マイナスなことばかりなのでプラスのことも一つ紹介しておきます。日本人は途上国の人間とはうまくコミュニケーションをとります。もちろん全員ではありませんがヨーロッパ系の旅行者は非白人を見下すような態度をとることがよくあり、特に貧しい国に行くほど現地の人と同じ目線で会話をしたり触れ合ったりしようとはしません。先進国の旅行者の中におかれると小さくなってしまう日本人旅行者ですが、このような場ではとても積極的で、良い関係を築くことが多かったように思います。世界を見る上で、こうした偏見のなさはプラスに働くと思います。

 

4.食べ方が汚い

スイス人とオーストラリア人がこの話をしていました。このスイス人女性とは数日間ともに行動したので、かなりフランクに話をしてくれました。彼女の表現は結構きつく、レストランで日本人の隣のテーブルにいたら席を変えてもらうと話していました。たまらないのは「麺をすする音」だそうです。国内では良いのですが(個人的には苦手ですが)、海外旅行をするときには気を付けたいものです。

 

あとは日本の工場ができてから海で変な魚が釣れるようになったとか、お金を持っているのに恵んでくれないとなんてのもありました。また、クリスチャンじゃないのにキリスト教のイベントが好きなのがおもしろい、日本人女性の走り方(ちょこちょここまたで走る)がコミカルでおかしいなどといった、嫌いとかではないのですが好奇心をもって「なぜ?」と聞かれることもよくありました。

 

 

個人的には、上で例に挙げたものも含めて、こうした問いをぶつけてくれる人が好きでした。彼ら彼女らの質問は必ずしも敵意を含んでいるわけではなく、むしろ日本に興味があるから故に抱く疑問であったりするので、それに対して自分なりの答えや意見を返してあげるととても会話が盛り上がりますし、相手も喜んでくれることのほうが多いです。

日本人は外国人と比べると自分と異にする意見に敏感で、すぐに身構えてしまう傾向が強いような気がします。しかし本当に嫌悪感を持っているのであれば、良識のある人間なら通常はわざわざそのことを旅行者にぶつけてはきませんので(たまにありますが・・)、こうした機会に恵まれたときには持論を展開してみると自分も相手も楽しめるような気がします。

 

期待には応えられなかったかもしれませんでしたが、以上が回答になります。受験勉強を頑張って、学生になったらいろんな国を見てまわってみてください。旅行はおもしろいですよ。

 

カテゴリ:

コメント(2)

皐月野のヒマンブロス : 2011年9月26日 00:00

久しぶりにみさせてもらったけど、他人の質問でオレが勉強になってしまった(笑)
オレも来年新婚旅行にいくのでその時は頼りにさせてもらおうといまのうちから勝手に思っています。その際は是非色々アドバイスをしてください。

おおっ、久しぶり!婚約したのかな。おめでとう!
早かったね。もう良いの?笑

新婚旅行ならリゾートで良いじゃない。
俺もきれいなホテルでのんびり過ごしてみたいものだよ。
時間があるならダイビングも良いね。

またいつか登りに行こう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析