イグアス移住地で暮らすにはいくら必要?日本が嫌なら海外に目を向けてみては?【下】@イグアス移住地 (パラグアイ)

コメント(4)

2009年6月30日のブログです

326日目
 
宿泊 : Hotel Park Iguazu①(アルゼンチン)
移動 : 12:30  イグアス移住地
       ↓ バス(40min)
  13:10着,13:30発  シウダーデルエステ(パラグアイ)
       ↓ バス(1h 30min)
  16:00 プエルトイグアス(アルゼンチン)※時差-1h



 

世界一周パラグアイ16 
【今日も空がきれい】

  

Aさんというのは私の持っている「外こもり」の人のイメージ。長期でバックパッカーをしたことがある人ならば旅先で見た似たような人を1人や2人思い浮かべることができるのではないかと思う。
 

日本ではこのような「バックパッカー=外こもり」といった偏見を持っている人も少なくないように感じる。しかし実際こうした人たちはかなり少数で、今は明るく前向きに観光を楽しみながら海外を旅行をしている人が多い。一昔前のバックパッカーからしたら、かなりライトに映るのではないかとも思う。

 

学生時代からバックパッカーをしていた私は、海外を歩いた経験もない人が上から目線でこの外こもり問題を語ることがとても不快に感じられたものであった。しかしながら少数ではあるものの実際にこうした例はいくつも目にしてきていたため、同意できる部分は確かにあった。その語り手が同じバックパッカー経験者であったのであれば、同じ論調で大いに盛り上げれたのではないかという気さえする。

 

この「外こもり問題」であるが、彼ら彼女らを日本社会へ戻そうという団体もあるようで、アジアの安宿街には「日本で働こう」などと日本語で書かれたポスターを目にしたこともあった。はみ出し者を悪とするいかにも日本的な発想で、甚だ迷惑な活動だと感じる意識的な沈没者もいるのではと想像する。それでもそうした願望を持っている人間にとってはありがたい助け舟に成り得るので、総合してみるのであれば、私もこの種の活動には賛成である。目が覚めるきっかけになったり、実際に制度を利用して救われる人間もいるのだろうと思う。

 

しかし、「日本に戻りたい」と心から願っている人間ばかりではないということは忘れてはいけない。

 

 

世界一周パラグアイ17 
【自転車を借りてサイクリング】
 
 

外こもり状態にある人たちは決して変わった人間たちではない。私が見てきた人のことを思うと、そうした人たちは人一倍社会に人に対する感性が鋭く、その感覚から論理的に物事の本質に迫れる思考力をも持ち合わせているケースが多かったように思う。それゆえ深みにはまる。こうした人たちはある程度意識的に日本社会を嫌悪し敬遠している。チャンスさえあれば帰りたい、ではなく、チャンスさえあれば帰りたくない、と考えているのではないだろうか。

それならば現状維持で良いね、放っておいたほうが良いね、と言われてしまいそうだが、それは冷たい。なぜならAさんのように資金には限度があるため、近い将来必ず日本へと帰らなければならないため、外こもり期間が長くなればなるほど、帰国後の違和と衝撃が強大なものになってしまうからだ。これは苦しい。帰国せずとも、海外を放浪しながら野垂れ死にしてしまう人がいても何らおかしくない。

 

そこで思ったわけだった。日本に帰国しなくても良いという選択肢があれば良いのに。帰国しなくとも自立して生活していける環境がどこかにあったら良いのに。南米の日本人移住区を見たときに、ハッとした。移住すれば良いじゃないかと。まだ若い移住区であれば日本的な文化も残っている。日本との差異があるために、良い意味で偏見の目がなくなる可能性もある。幸いまだ移住を許可している国もあるようだ。世界的に見れば、移住はそんなに珍しいものではない。まだ経済他国の面目を保っている日本からということであれば、経済的な障壁もそれほど高くはない。

 

どうだろう。

決して移住が簡単なものだと考えているわけではない。しかし、死ぬほど日本が嫌なのであれば、頑張れる可能性がないことはないと思うのだ。日本で海外移住というと一部のエリートを連想しがちであるが、このような利用法もあっても良いような気がする。

 

 

例えばここイグアス移住地であれば、平均的な日系人の月給が20,000円、生活費はおそらく15,000円もあれば十分だろう。生活費は1年で180,000円。一軒家も120万円で建ってしまうそうだ。言葉の問題もあり現地で仕事を見つけるのは困難だとは思うが、それを見越して数年分の生活費を用意していけば良い。預金金利も5%と高い。実家で生活できるのであれば、非正規雇用であっても20-30年分の生活費(400-500万)を貯めることは難しくはない。(※インフレによる物価上昇には注意)

 

 

先進国と比べると政情も不安定で様々なリスクもあるが、決して大博打とは言えない程度の計算は成り立つ。

 

どうだろう。

本当に日本が嫌なのであれば、こんなふうに外に目を向けて考えてみたら、意外なほど目の前が明るく開けることもあるんじゃないかなと思ったのであった。

 

せっかく外にいるのだから、こもっていてはもったいない。

 

世界一周パラグアイ18 
【胸がすくね】

 


------------------------------------------------------------------------
・世界一周の費用はこちら!(パラグアイ編)
・世界一周の写 真 はこ ちら!(パラグアイ編)
・意見、感想などのメールはこちらからお願いします!
------------------------------------------------------------------------

カテゴリ:

コメント(4)

閉塞した日本で久しぶりに希望が見えたブログ記事ですね。
この記事に対するアクセスは常にあると思う。

>そばさん
どうもありがとうございます!
でも実は希望以外にも伝えようと思っていたことがありまして・・・。
これは海外で(ネガティブな)沈没をしている旅行者へのメッセージを含めて書いたんですよね。

「たとえそこに日本人がいたとしても、見知らぬ地で生きていくことは想像以上に大変なことだから、まずは一番楽な日本に帰ってそこで新しい生活を始めましょうよ」

というのが伝えたかったことです。
日本で生まれ育った普通の人にとっては、日本以上に楽な社会はないと思うんですよね。

パラグアイでは永住者も含め、50歳までは徴兵の対象となっていたはず。
とはいえ、あちらの軍隊は内部汚職問題との戦いの方で忙しいようですけどね。
いずれにせよ、暮らしやすいとか、永住権が取りやすいなどの安易な理由だけで判断しないほうが良さそうです。

>あいさん

情報ありがとうございます。
「徴兵」、「永住権の取りやすさ」、「暮らしやすさ」、どれも初めて聞きました。なるほど、なおのこと簡単には考えられませんね。上のコメントにもあるのですが、私はこう考えてこのブログを書きました。

-------------
「たとえそこに日本人がいたとしても、見知らぬ地で生きていくことは想像以上に大変なことだから、まずは一番楽な日本に帰ってそこで新しい生活を始めましょうよ」というのが伝えたかったことです。
日本で生まれ育った普通の人にとっては、日本以上に楽な社会はないと思うんですよね。
-------------

ですので、パラグアイに限ったことではありませんが、海外永住は非常に難しいことだという認識を持っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析