HIV・エイズ感染率世界一!51カ国目スワジランド入国!コンドーム装着率の向上も焼け石に水かね?@ムババネ(スワジランド)

コメント(2)
247日目
     
宿泊地 : Sunset Backpackers(ムババネ/スワジランド)
移動 : 3:00
 ブルームフォンテン  
      ↓    バス(6.7h)  
   9:45着,11:15発  プレトリア  
 
  ↓    ミニバス(5h)  
   16:15着,16:20発  マレラン  
      ↓    ミニバス(1h)  
   17:20着,17:30発  国境  
      ↓    ミニバス(1h)  
   18:30着,18:45発  ピッグスピーク  
      ↓    ミニバス(1h)  
   19:45着  ムババネ  

 


二日連続の夜行移動の後、プレトリアに到着した。このバスは世界最悪の犯罪率を誇るヨハネスブルグ経由だったため、起きていれば朝方そのダウンタウンを見れたらしいのだけど、残念、爆睡していました。起きていた人に聞いたところ、中心地は人通りがなく(朝だったということもあると思うけど)、壁には落書きが多く道にはゴミが散乱しており、とてもじゃないけど歩ける雰囲気ではなかったみたい。


到着後は、すぐに次の目的地スワジランドへ向かった。首都のムババネまで直行するバスはないために、ミニバスを何度も乗り継ぐ。経由地は冒頭の通り。乗換えがうまくいったおかげでなんとこその日のうちにムババネにたどり着くことができた。

 

世界一周スワジランド旅行1

【国境にあった妙な小屋。犬小屋?じゃないよね。国境では様々な民族衣装を着た人たちを目にした。】


 

世界一周スワジランド旅行2

【スワジランドのお金。通貨単位はリランジェニ。南アのランドと1:1で固定されているためランドも問題なく使える】




さて、このスワジランドなのだけど、聞いたところによるとHIV・AIDSの感染率が世界で最も高く、その比率は3割を超えるらしい。スワジランドに限らずアフリカ東南はどこの国も軒並みこの感染率が高く、国境には無料のコンドームが置かれていることが多い。街中でもセーフセックスを推奨する看板やポスターなどをよく目にする。


HIVの感染経路は主に3つ。

1.性交渉による感染
2.血液感染
3.母子感染


血液感染は防ぐことはできても、1と3は子供をつくる際には通常(方法はあるけれど医療費がかかってしまう)避けられないものだから、感染を防ぐために完全に禁止するわけにはいかない。それは万人に保障されるべき人権であると思う。防ぐならばやはり子作りを目的としない普段の性交渉でのコンドーム装着しかないのかな。

ところで人口の2~3割が感染者であるこれらの国では、コンドームの使用率がどれだけの効果をあげることができるのか、いささか疑問ではある。

なのでちょっと気になって調べてみた。
 


2007年の世界のHIV感染者数はおよそ3400万人。同年の新規感染者数は250万人にものぼるそう。これは既存感染者数の7%ちょっと。HIV・AIDSによる死亡者数は200万人ほどで、これは6%弱。差し引き1.5%、毎年これだけのペースで感染者が増えているらしい。たかが1.5%とあなどるなかれ。これも30年続けば感染者数は1.5倍になる。

ただこの数字を見ていたら、コンドーム使用率のアップは思いのほか大きな効果を持っているんじゃないかと感じた。世界全体のコンドーム装着率が1.2倍になったとき、仮に、性交渉のうち子作り目的以外のものが占める割合を70%(子作り時の装着率は変わらないとする)ととする。その70%の性交渉でのコンドーム装着率が現時点では60%だとしよう。全体で1.2倍であれば、この場合、子作り目的以外での性交渉のコンドーム装着率はおよそ1.3倍の約78%になる。この超単純計算の結果では、新規感染者数がおよそ50%、半分になる。そうなれば死亡数を大きく下回るために感染者数は年々減っていく(上の数値にあてはめると2~3%か)。


風俗産業や同性愛者の性交などの要因を考慮していないから単純な計算が成り立つとは思っていないけど、それでも装着率の向上は大きな意味がありそうな気はしてきた。




そういうわけで、不純な動機など一切あるわけもなく、純粋に世界の平和を思う美しい衝動に突き動かされた俺は、手のひらいっぱいにつかんだコンドームをポケットに詰め込んだ。
 

世界一周スワジランド3行1

 【国境のイミグレではこのようにコンドームを無料配布していることが多い】
 

 

ランキングに参加中!
選挙が近づいていますな。大切な一票を東なんたら知事に入れるくらいなら、わたくしめに一票(クリック)をお願いします!
←←← (;´Д`)ハァハァ するくらい激しくクリックしてみてちょーだいな!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(スワジランド編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

カテゴリ:

コメント(2)

>不純な動機など一切あるわけもなく、純粋に世界の平和を思う美しい衝動に突き動かされた俺

ってわざわざ書いてるところがあやしいじゃんか!!!!!!!www
でもあたしも無料であったらもらうわ。
空港によくある液体物持込用の袋もなんかね、目にすると貰っちゃうもん。
スーパーの透明小袋をたくさん持ってくおばちゃんと同じ行動だわね…。

ナガモ@ウユニ : 2009年7月25日 04:35

すごいよね、国民の2~3割が感染してるって。
日本は先進国の中では唯一感染者が増えているらしいよ。
よし、たくさん持ち帰って日本で街頭配布だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析