諦めのタイミング!タンザン鉄道の旅!中国製!車窓からバオバブやヒマワリ!@ムベヤ(タンザニア)

コメント(5)

225日目
宿泊地 : Stand Guest House (ムベヤ / タンザニア)
移動 : ダル・エス・サラーム → ムベヤ(25h)
【前日19:00~20:00(列車)】



タンザン鉄道はタンザニアとザンビアをつなぐ鉄道だ。それぞれの頭をとり、タンとザンでタンザン鉄道。当初は2晩かけてそのままザンビアのカピリムポシまで移動してしまおうと考えていたが、マラウィがなかなか良いらしいという噂を聞き、マラウィ国境に近いムベヤまでの切符を買い、昨日列車に乗り込んだわけだった。


買った切符はファーストクラス。とは言っても車両もコンパートメントの中もとてもきれいとは言えない。昨日から頭の奥のほうに鈍痛があるため、昼過ぎにはまたコンパートメントに戻りボーっと天井を眺めていた。

 

世界一周タンザニア旅行24

【ファーストクラスのコンパートメント】

 

 

世界一周タンザニア旅行25

【中国の列車と同じつくりだった】



天井には薄暗い電灯がついているが、そこにはいくつかクモの巣が張られていた。そのうちの一つに、小さなトンボがかかっているのが目に付いたため、何をするのでもなくただ眺めていた。

羽をばたつかせるトンボ。しかしあがけばあがくほど、ねちっこちクモの糸が体に絡まる。そしてその間にも、クモはせっせとトンボに新たな糸を絡ませていく。せっせせっせと働くその姿は、暴れるトンボよりもよっぽど紳士らしく見えた。とにかくゆっくりと地道に、確実にトンボの自由を奪っていく。


もう30分ほど経っただろうか、トンボはまだ抵抗を止めない。このあたりからは、生への希望はいつ絶たれるのか、その後はどうやって最後のときを待つのか、そこに関心を置き来る終焉を待っていた。だが、トンボはそれに抗うことをやめなかった。目に見えて羽をばたつかせる力は衰えているものの、それでもやめなかった。よく諦めないなぁ、そう思って見ていた。


人間だったらどうだろうな。そして自分はどうだろう。諦めるタイミングはどんなものなのか考えて見たが、体よりもかなり先に心に限界が訪れることが容易に想像できた。

 

 

世界一周タンザニア旅行26

【たまにバオバブの木も見える】

 

 

世界一周タンザニア旅行27

【車窓から 東アフリカは緑が多い】

 

 

世界一周タンザニア旅行28

【タンザン鉄道は中国の援助で完成したという話を聞いていたけど、線路にもご丁寧にほら】



見ているうちに、トンボの反抗がとても美しいもののように思えてきた。このトンボの、これまでの人生そのものを見せ付けられているような気にもなった。生まれてからずっとこのように生を満喫していたのだろう。肉体の限界が心の限界に肉薄するまで切実に、いつ途絶えようと確実にそう言えるほど、生をやり遂げてきたのだろうと思った。


人間はこういった動物に比べれば複雑で難しい心理を持っているが、それでももし心の限界を意識的に肉体のそれに近づけることができたら、より良い美しい人生をおくれるような気がした。精神が肉体を超えようものなら、そこに見えるの間違いなく美なんだろうね。人生そのものに芸術性や美を求めるのも悪くない気がする。



暗く汚い部屋の一角で輝く生の美しさを見て、なんだか反省させられた。

 

世界一周タンザニア旅行29

【ひまわり畑】

 

 

世界一周タンザニア旅行30

【大自然の中を行く】



その後、クモの糸の配置にミスがあったのか、突然トンボが解放された。おおお、わからんものだね。最後までわからんわ。最後まであがく事の大切さも教えられた気がした。



でも数分後、そのトンボは電灯の光に突進して、またクモの巣に、それも同じクモの巣にかかった。


同じこと繰り返しちまうもんだな。まあ狭い世界に生きているからね。なんだかそれ以上は人間を見ているような気分になって悲しくなるから、見るのをやめて寝てしまった。




それにしても頭痛が消えない。なんなんでしょ。

 

世界一周タンザニア旅行31

【列車内の食堂 ここでお茶を楽しみました】

 

 

世界一周タンザニア旅行32

【列車を追いかける子供たち】
 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(タンザニア編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

ランキングに参加中!
なになに?ご両親にパソコンをおしえたいと。
なるほど!今すぐこれを使ってクリックの特訓だ!!!


  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ   banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー

 

↓下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

    -----------------------------------------------------------------------------------

カテゴリ:

コメント(5)

ちょっとお久しぶりです。
ナガモさんの更新の早さについて行けてません(笑)

タンザン鉄道!
ちょうど今テレビの「世界の車窓から」でタンザン鉄道の特集をやってるんです。
3月から平日は毎日やってて、5月24日でタンザン鉄道は終わるようですが。
見逃す事も多い番組ですが、気付いたときは見るようにしていたので、写真を見て「まさにそんな感じ!」って嬉しかったです。

乗ってみた〜い。
電車での移動、大好きなんです。
それにしてもファーストクラスでその雰囲気なんですね(笑)
国によってファーストの基準が随分違いますね〜。

車窓はホントに素敵です☆
そのあたりにもバオバブが生きてるんですね。
それも私の知ってるバオバブの形じゃない。
私んちのバオバブはまだ今年、新芽が出てません。。。


>同じこと繰り返しちまうもんだな。

う~…なんだか自分に言われているようで。。。
毎度毎度同じ事を繰り返しているような気がする。
ちっとも成長しないでやんの。何につけてもね。
もう三十路だっつーのに!!えーーん…

>諦めのタイミング!
これは結構重要だね。
あたしはなりたい職業を諦めたことがあるのだけれど
早い段階でスパっと諦めてよかったと思う。
タイミングは人それぞれだよね。

あたしも今回のトンボには考えさせられちゃったよ。

>amiさん
おおお、なんてタイムリーな!
タンザン鉄道はおすすめですよ。とにかく景色が最高でした。
バオバブは残念ながら写真には写っていないのですよ・・。
形はマダガスカルにあるようなものとはちょっと違うのですが、それでも他の木とはなんだか雰囲気が違っているのでわかりやすいです。

大自然の中を行くのですが、どんどん景色が変わっていくので飽きませんよ。ぜひいつか行ってみて下さい。


>理子
なりたい職業?その話聞いたことあったっけ?
行動をおこしてから諦めるんだったら健全だよね。
いろんなもんに惹かれる好奇心をもって次々に行動して、そして諦めたりもっと突っ込んでって、そういうのを繰り返していくことは大切だよね。
人生にはタイムリミットがあるしさ。

どうも貴公子です。
久し振りの投稿でドキドキします。

ついにアフリカまで突入してるのですね?
アフリカに対しては、距離もそうだが文明や文化など生活感が私と最も離れているイメージを持っています。

でも写真見る限りですと、緑が以外と多かったり、鉄道や電気などの生活に必要なインフラも想像以上に整備されていてびっくりですね。

想像ではほとんどが砂漠で移動は専らラクダと思ってました。
(そんなわけないっか!!)
まあ外人だって未だに日本人は丁まげ&刀のイメージを持ってる人多いしね!!(おあいこ)

話変わるけど、貴公子以前にアフリカダンスをプロデュースした事あります。
友達の結婚式に参加した際、余興を頼まれアフリカダンスを創作しました。

ネットで落ちている動画を見て、見よう見まねで創作しましたが、やっぱり本場はちがいますですか??
貴公子一度でいいからマサイ族とダンス勝負してみたいです。
どっちがメチャクチャな事になれるか等!!

P.S.
その結婚式の余興(アフリカダンス)の時に参加するはずだった友達が2次会に裸で現れたんだよね。
今思い出すと、あいつが一番アフリカ人みたいだな~って思うよ。
もしかして、あの時のアフリカダンスの本当のオチは、日系アフリカ人が2次会に裸で現れたあの瞬間だったのかも!?


>貴公子

お久しぶりです。
どうぞ落ち着いて、いつもの貴公子らしく忌憚のないご意見をお聞かせください。

おあいこの件ですが、本当にその通りだと思います。
お互い知らないんですよね。
偏った報道によって偏ったイメージを植えつけられてしまっているような気さえしてしまいます。
もっと自発的に情報を得る努力をしなければと思いました。

ところアフリカダンスのくだりですが、なぜかそこに強烈な郷愁と共感と覚えました。
まるで人事とは思えませんでした。
もしかしたら私たちはとても似た過去と近い感性を持っているのかもしれませんね。

その余興のおかげで、披露宴は素晴らしいものになったのではないかと想像します。
新郎もさぞ幸せだったことでしょう。
今頃静岡あたりのビーチで喜びを爆発させているかもしれませんね。


アフリカ人の友人もいるのですか。
そんなにもユニーク(裸で登場とは、いやはや驚きです)一度会って見てみたいものですね。
部族の誇りかそれとも文化の不適応か、何にしてもまだ日本での生活は浅いのでしょうか。

日系(珍しいですね)ならば、肌は浅黒いのでしょうね。もしかしたら日本の食事(特に野菜)にも苦労しているかもしれませんね。

私も一度でいいので、そんな楽しそうな結婚式に出席してみたいものです。

追伸
アフリカダンスの詳細が非常に気になります。
もしよろしければ教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析